インド・ベトナム研修からグローバル人材へ


SGSのAI研修|業務へ応用できるAI人材を育成する

J&I (Japan & India)  AI研修プログラム

■AI研修の目的

AI・IoTの基礎理論を理解するとともに実践演習を重ねることで、業務へ応用できるAI人材を育成します。

■対象参加者

  • 業種問わず。
  • ビックデータを保有し、それを活用、あるいは活用しようとしている企業の方。
  • 必要スキル:高校程度の数学理解度があれば参加可能。

■プログラムの特徴

  • 日本でAIに関する基礎的理論をしっかり学んだ上で、さらにインドでハンズオン、ミニプロジェクト中心の実践的研修を行うことで、短期間で実用レベルのAIスキルを身に着けられる。
  • AI先進国のインドで実用化が進むAI技術を直接体験できる。

■プログラムの構成

Step1 国内AI研修(基礎編)
AI・IoT基礎研修及び機械学習実習を短期間で効率的に習得 -6日間(32時間)
Step2 海外AI研修(実践編)
AI先進国インドで実践的ハンズオンとミニプロジェクトによる研修 -4週間(160時間)

■AI研究の第一人者によるAI教育プログラム開発と指導

  • 国内AI研修の監修及び講師

長橋 賢吾
フューチャーブリッジパートナーズ(株)代表取締役、(株)アプリックス代表取締役 慶應義塾大学環境情報学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修了、東京大学大学院情報理工学研究科修了。博士(情報理工学)。英国ケンブリッジ大学コンピュータ研究所訪問研究員。
2014年12月よりインプレス(株)と共催で「データサイエンス基礎講座」を実施、著書:「ビックデータ戦略」「図解スマートフォンビジネスモデル」「Rではじめる機械学習」他多数。

■AI研究の第一人者によるAI教育プログラム開発と指導

  • 海外AI研修の監修及び講師

Dr. Ketan V Kotecha
シンビオシス工科大学理事兼エンジニアリング学部学部長。AI応用研究所所長。IIT-Bombay (Indian Institute of Technology, Bombay)にて博士号を修める。インドのAI研究の第一人者。Royal Academy of Engineers UKからの支援を受け、インドのAIマンパワーアップを主導。インド全国でのAI教育者育成の活動を精力的に展開。Symbiosis Center for Entrepreneurshp and Innovationにおいて、AI関連スタートアップ企業のインキュベーションにも取り組んでいる。

Dr. Rahee Amit Walambe
シンビオシス工科大学 電気・通信学科 准教授 Lancaster Universityにて博士号を修める。 ロボティクス、センサー、車載用デバイスのAI応用研究が専門。 インドのビジネスパーソンや教育者向けのAI研修講師として豊富な指導経験を持つ。

■インドはAI研修世界第3位、豊富なAI人材と膨大なビッグデータを保有するAI先進国

順位 全体 機械学習
ニューラルネットワーク
自然言語処理 画像認識 音声認識 ロボティクス
1 中国 24.2% 中国 23.7% 米国 23.3% 中国 27.0% 米国 24.3% 中国 15.0%
2 米国 16.1% 米国 22.4% 中国 14.1% 米国 21.5% 中国 13.3% 米国 14.9%
3 インド 8.1% インド 7.7% インド 8.5% インド 5.9% インド 7.9% 独国 8.2%
4 英国 5.0% 英国 5.8% 英国 5.4% 英国 5.5% 日本 7.7% 日本 8.2%
5 独国 4.9 独国 4.5% スペイン 5.2% 独国 4.6% 独国 6.6% 仏国 5.1%
6 日本 4.7% 日本 4.0% イタリア 4.5% スペイン 4.5% 英国 5.7% イタリア 5.0%
7 仏国 4.3% カナダ 3.7% 独国 4.4% オーストラリア 4.4% 仏国 4.8% 英国 5.0%
8 スペイン 4.0% スペイン 3.7% 仏国 4.1% 仏国 4.1% スペイン 3.9% 韓国 4.6%
9 イタリア 3.5% オーストラリア 3.6% 日本 3.7% イタリア 3.9% イタリア 3.4% スペイン 4.0%
10 カナダ 3.1% 仏国 3.2% カナダ 3.4% 日本 3.7% シンガポール 2.8% インド 3.8%

■2019年度 J&I AI研修 開催予定

日程 2019 2020
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
国内
AI研修
J1 J2 J3
海外
AI研修
I1 I2 I3

■国内AI研修

研修会場:中央大学 駿河台記念館
     東京都千代田区神田駿河台3丁目11−5

(J1) 5月開催 国内AI研修日程・研修内容

日付 曜日 時間 トピック
2019/05/08 14:00~19:00 統計入門
2019/05/09 14:00~20:00 AI機械学習入門
2019/05/14 14:00~20:00 AI機械学習入門&Pythonの基礎
2019/05/15 14:00~19:00 Pythonの基礎&機械学習実習
2019/05/20 14:00~19:00 実習プレゼン
2019/05/21 14:00~19:00 IoT入門

■海外AI研修

開催地:インド プネー市 研修会場:シンビオシス工科大学 AI応用研究所
    (Symbiosis Center for Applied AI / Symbiosis Institute of Technology )

項目 トピック
AI ■機械学習(マシンラーニング Machine Learning )
機械学習、数学、k近傍法(KNN)、k平均法(K-means)、Artificial Neural Network(NN)、Support Vector Machine(SVM)、Principal Component Analysis(PCA )を学び、ハンズオン(Hands-on)でのコーディング主体でマシンラーニングを習得します。
W1
■深層学習(ディープラーニング Deep Learning)
畳み込みニューラルネットワーク(CNN)、再帰的構造を持つニューラルネットワーク(RNN)、Generative Adversarial Networks(GANs)を学び、ハンズオン(Hands-on)でのコーディング主体とミニプロジェクトによる総合演習で深層学習を習得します。
W2
■Project on Real-World Problem
1週目と2週目に学んだテクニックを使用して、インド人PhD 学生やインドのビジネスパーソンとの共同作業により、実際の AIアプリケーション開発にチャレンジします。
W3
■プロジェクトの完成とプレゼンテーション
ワークショップで実施したプロジェクトについての発表。
アイデア、新しい学習の概念、困や課題などについての意見交換を行い、研修参加者相互に学び合います。
W4
IoT IoTとアーキテクチャ、IoT用通信プロトコル、IoTケーススタディ

シンビオシス工科大学 AI応用研究所

(Symbiosis Center for Applied AI / Symbiosis Institute of Technology

海外AI研修 開催地 インド プネ市

人口:650万人 インド7番目の都市
位置:ムンバイの南約170 kmに位置 海抜600メートルの高原
特色:年間を通じて温暖な気候 町の40%が緑に覆われ、インドで最も緑の多い町 インドでもっとも安全な都市 学生や研修者が多く、知的レベルが高い
日本語学習者がもっとも多い街として知られ、毎年10,000人の学生が日本語を勉強し、日本語を教える学校は200校を超える。

海外AI研修プログラム(インド、4週間コース)開催日程

I1 6月開催 日本出発 インド出発
2019年6月1日 2019年6月29日
I2 11月開催 日本出発 インド出発
2019年11月9日 2019年12月7日
I3 2月開催 日本出発 インド出発
2020年2月1日 2020年2月29日

    AI研修のお問合せ   

■AI研究家 長橋賢吾氏と行くインドAI視察ツアー

J&I AI研修プログラムの海外AI研修開催地インドを訪問し、インドにおけるAI人材育成の実情、AI応用研究やAIビジネスにおける先進事例を視察します。

本視察ツアーには、AI研究家の長橋賢吾氏が同行し、インドのAI事情を詳しく解説します。

日程:2019年4月3日(水)~2019年4月7日(日) 5日間

訪問地:インド プネ―市 
    AI応用研究センター SCAAI(Symbiosis Center for Applied AI)、他

 インドAI視察ツアーのパンフレットはこちら。(pdf)

    インドAI修視察のお問合せ   

AI研究者 Dr. Ketan V Kotecha への直撃インタビュー

    AI研修のお問合せ   

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社エス・ジー・エス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.